俳優オタクの落書き

わがままな俳優オタクの独り言

チケットの話を改めて

今日は色々あって若手俳優界隈にぎわってますね。すごーい(小並感)。

転売の話なんですけど、私は別に転売に対しては特に何も思ってません。もちろん公式が禁止してる時点で、それはアウトなので、悪いことではあると思いますが。

それでも、お金積んでも前で見たい。どうしてもこの公演を見たいという気持ちで転売のチケットを買う人は絶対にいると思いますし、その気持ちも充分理解できます。でも、禁止されている方法で買った分、リスクを背負うのは当たり前ですし、背負うべきだと思います。

今回、公式は定価譲渡の方たちも入場禁止にしたことが、1番の炎上理由だと思うのですが、ここで前提となっているのが、事前に公演前に公式HPにて

「弊社及び弊社が販売を委託しているチケット取り扱い業者以外の「掲示板・オー クション」「チケットショップ」「購入代行業者」「ダフ屋」「友人・知人」等から購 入したチケット(定価の場合も該当致します)に関して生じたトラブルについて は一切の責任を負いません」

とアナウンスしているんですよね。

このアナウンスによって、今回のヘタミュは友人知人からの譲渡のチケットも何かあっても責任を取らないと事前に言っているわけです。

なので、定価譲渡の場合も危ない橋であるかもしれないという可能性はもともと提示されていました。また、

「または転売を試み たことが判明した場合、弊社の判断で購入済みのチケットを無効といたします。 この場合、チケット代金の返金、及び入場は認めません。 また既に入場している場合には退場いただきます。」

とされているので、転売で買って、無効になったチケットは返金されなくても、公式のチケット料金二重取りと批判されるのは、おかしいと私は思います。

また、定価譲渡の場合、証明することは至難の技だと思うのです。取引の連絡なんて簡単に偽造出来てしまうわけで。

今回の公式がダメな所は転売されたことに確信を持てない人に対しても本人確認を事前通告無しに行ったことだと思います。

事前通告をされていた場合、定価譲渡の方は知人などに連絡をいれて、対応することが出来たと思います。もちろんその場合、チケキャンなどの転売の方は連絡などの対応ができないため、本人確認の対応ができないので、定価譲渡の人はとばっちりを受ける必要が無かったとも思いますし。

今回の前列で、友人のチケット協力が怖くなってしまったので、定価譲渡もはじく公式は、公式で定価譲渡、または直前までチケットリセールができる場所を作ってください。

素晴らしい作品だったので、作品の感想ブログより、転売についてのブログが多いことが残念です。

あと、チケットを売った後に無料配布する公式は本当に許せません。あのキャスティングで銀河劇場はきついことはちょっと考えれば分かったことです。本当に許せません。せめて関係者に無料配布してうめてください。